読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふたりで暮らしひとりで生きる

独り立ちしたいこじらせアラサーの雑記

受診の一歩手前でできること@PMS

 

先週まで、人生史上最凶のPMS(月経前症候群)に悩まされていました。私はほぼメンタル面にのみ出るタイプで、症状はイライラ6割、沈みやすくなる2割、食欲増進2割という感じです。

症状が出るなりにそこそこ上手く付き合えるようになったと思っていたのですが、今回はひどかったです。これはPMSだから、といくら自分をなだめてみても一向におさまらないイラつき。自分の中に留めておくことができず、周りの人にも迷惑をかけてしまいました。

 

悪化した原因

そこまで症状が強くなった原因はよくわかっていました。前回の月経から50日も空いてしまったからです。

本来ならそろそろ来るはずの28日経過したあたりからPMSっぽい感じが出てきて、それから実際に月経が来るまで3週間、ヤツは攻撃の手を止めませんでした。。。

元々稀発月経ぎみで、いつも周期は38日くらいだったので最初は気にしていなかったんですが、それにしても遅すぎるな?と思い始めたあたりからココロに暗雲が立ち込めてくる。正直、今は月経自体はどれだけゆっくりでもいいけど…ならPMSもそれに準ずる時期に来てくれないと!そっちだけ先に来られたらたまらんよ(´⊙ω⊙`)

いつになったら来るの?いつになったらこの時期終わるの?

そんな不安が、ますますイライラや落ち込みを煽っていきました。

 

受診を考える

病院に行くべきかな?行ったとしたらどうなるだろう。相談だけで済むかもしれないし、こちらの訴えようによってはピル等の服薬も選択肢に挙がるかもしれない。なんかちょっと怖いな。

考えた結果、しばらく様子を見ながらいつでも受診できるように準備しておこうと決めました。重い腰を上げて基礎体温を測ることにしたのです。遅い。

 

次に備えよう

よし明日から測ろう。そう思った翌日、月経が始まりました。なんじゃそりゃ。。。事なきを得て何よりですが、脱力しました(*_*)

PMSと思われる症状は顕著におさまり、穏やかに過ごせるようになったのでとりあえずよしですが次はまた何日後になるかわからない。同じツラさを味わうのは嫌なので、せめて自分でできる範囲のケアはしようと思い、どんなことが好影響・悪影響をもたらすのかあれこれ調べています。

本やネットの情報と自分の実感を照らし合わせ、その上で心がけようと思った「今すぐできること」はこんなこと。

基礎体温を測るのを習慣にする

◎砂糖を控えめにする

◎体を温める

◎早めに寝る(特に月経前)

砂糖を摂りすぎるとメンタルが揺らぎやすくなる実感があります。実際そんな影響もあるみたいだし、適度に控えるようにしたい。今のところ、ダイエットのためと思ってたときよりガマンできています。どんだけ必死やねん 笑

基礎体温は言わずもがな。

体を温めるのと早く寝るのは全体的な体調を「底上げ」するためというイメージがあります。PMSで多少下降気味になっても、元々の値をアップさせておけば持ちこたえられるかな…と。寝坊して朝ごはん抜きとか時間ギリギリに飛び込むとか、普段は平気でも体調が優れないときにはダメージ大ですもんね。そういうダメージって明らかわかるときもあるけど、知らず知らずのうちに積もっていってることも多くておそらくそれが厄介。大爆発のもと。

PMS自体は自分でどうにもならないからこそ、手が届く範囲のことは頑張らなければと思います。

 f:id:chiacafe:20170210182310j:image

 

まとめ

今日は「専門家にかる〜く相談してみたら結構あっさり軽減するかもしれないけどその一歩がなかなか踏み出せず、自分でできることはないかまだ模索したいぜ」という立場で考えたことを書かせていただきました 笑

PMSで検索したら、それが大元で周りの人とケンカになったという方が結構いらっしゃって…ココロの底の底の方で少しホッとしております。(相手に申し訳ないことに変わりはありませんが)

多かれ少なかれ、女性なら誰しも経験することという事実にも救われます。焦らず自分を責めず、じっくり向き合っていきたいですね(´∀`)